「SUMMER SONIC 09」8/8千葉ライブレポ

2009年8月8日に千葉マリンスタジアムにて行われた「SUMMER SONIC 09」のライブレポ(というより、覚え書き的な内容)です。
Hoobastank / B’z / Linkin Park



13時半ごろ、千葉マリンスタジアムに着。
DSC00070.JPG DSC00071.JPG
DSC00069.JPG DSC00068.JPG
時折晴れ間が覗くものの、曇っていて蒸し暑い陽気。
客層は10代~30代くらいの人たちがやっぱり多い。
屋台の出店が並んでいたり、夏らしく水着やらビキニで来ている人もいたり、まさに夏祭り的な雰囲気で否が応でも気分が高揚してくる。
そして、B’zのツアーTシャツやタオルを身に着けた人たちの遭遇率が異様に高いw 2~3分に1回はすれ違う感じ。
特にGLORY DAYS Tシャツとタオルは、イヤというほど見かけましたw
時間にまだ余裕があるので屋台で食事をしたり、幕張海浜公園の砂浜沿いのBEACH STAGEのほうへ行ったり、B’zお友達の方とおしゃべりしたり(お会いした方々ありがとうございました!)、適当に時間をつぶす。
その辺の写真は、こちら参照
16時半ごろ、千葉マリンスタジアムへ入場。
スタジアム内は日差しを遮るものがないので、思いっきり炎天下。
嫌というほど直射日光を浴びる。(おかげで、腕が真っ赤に日焼けしました。)

Hoobastank

【SET LIST】
01.Just One
02.Born To Lead
03.Running Away
04.My Turn
05.Did You
06.Same Direction
07.Inside Of You
08.All About You
09.Remember Me
10.Connected
11.The Reason
12.The Letter
13.Out Of Control
14.Pieces
15.Crawling In The Dark

この後のB’zが控えているので体力温存のためにおとなしめに観賞。
それでもじっとしているだけでも十分暑かった・・・。
予習不足なこともあって半分くらいタイトルと曲が一致しなかったけど、1曲目からメジャー曲の「Just One」ということもあって盛り上がってました。
曲調は聴きやすいロックな曲ばかりなので、非常にノリやすく爽やかなライブでした。
16時40分に始まって、17時30分ごろに終了。
バンドとバンドの合間にはMCの方がステージに登場。
アリーナ前方がギュウギュウのすし詰め状態になっているので、後方の人たちに後ろに下がってもらうよう呼びかけたり、ホースで水をかけたり、自分のブログ用にステージから写真を撮ってたり、観客とコミュニケーションを取っている。
ステージ上部には3面のLED(モニター)が設置してあって、ライブの合間にはサマソニ上の注意事項やら洋楽アーティストの来日公演のお知らせやらが終始流れていた。
そして、18時10分。
モニターに「NEXT STAGE B’z」と映し出されると、一気に会場がヒートアップ。

B’z

【SET LIST】
オープニングSE:Chic「Le freak
01.DIVE
02.衝動
MC
03.イチブトゼンブ
04.BURN -フメツノフェイス-
05.ZERO
06.ジャムセッション~今夜月の見える丘に
07.未発表新曲(My Lonely Town)
08.Calling
09.juice
10.さまよえる蒼い弾丸
11.BANZAI
12.SUPER LOVE SONG
13.ultra soul

Chicの「Le freak」が流れる中、サポートメンバーの増田さん・シェーン・バリーが登場。
3人のみで演奏開始、そして松本さんが両手を挙げて登場(サングラス姿)。
01.DIVE
イントロギターリフが流れる中、稲葉さんも登場。せーので、DIVE!!
冒頭の「♪ラララ 何ひとつ決めずに ラララ セキララに DIVE」はカット。
サビ部分は、
稲:ラララララ 何ひとつ決めずに
客:ラララララ
稲:セキララに DIVE
客:DIVE!
てな感じで歌い分けてました。
最初っからもうものすっごい盛り上がり。
02.衝動
DIVEから間髪いれずに次の曲へ。
この曲のイントロ部分だったかな、スクリーンに稲葉さんが映る後ろでシェーンがドリンクをストローで飲みながら演奏している姿が何かカッコよかった。
♪暗闇のフリーダムは観客みんなで合唱。
サビ最後はもちろん「しょぉぉぉぅぅぉぉどぉぉぉぅぅぅぉぉおおぉおーーー!!!」
「♪Go for it! 愛情こそが衝動」部分はCDと同じく2回で終了。
MC
稲:皆さんこんばんはー。
今日は最後まで楽しんでいってくださいー!!
的な内容。いつもの「ようこそー!」は無し。
03.イチブトゼンブ
この曲から松本さんサングラスを外す。
サビ部分のコーラスはサポメン陣が一応マイクに向かって歌ってはいたけど、声は稲葉さんの歌声だった。
サビ部分は稲葉さんその場で飛び跳ね。
04.BURN -フメツノフェイス-
♪ふーめーつーのフェイス!はみんなで合唱。
サビ最後の♪BURN連呼部分はやっぱり盛り上がる。
最後のBURNは、稲葉さん野太い声で。
05.ZERO
イントロ部分でスクリーンに増田さんが映し出される。
Aメロ直前のシャウトは「マリンスタジアム BABY!!」 回転は無し。
後半のラップ部分は、稲葉さんが客席にマイクを向けて歌わせる。サマソニという場なのに意外とみんな歌えていてちょっとビックリ。
「♪もうまっしろ」で稲葉さんTシャツめくってヘソ出し。
最後はいつものギタードリル奏法で締め。
06.ジャムセッション~今夜月の見える丘に
稲葉さん一旦退場して、松本さん&サポメンで2分間ほどジャムセッション。
「月見」のイントロが流れた瞬間、会場から歓声。
一般的知名度は高い曲だけど、コアなファンにとっていまいち人気の低い曲だよねw
07.未発表新曲(My Lonely Town)
MCも新曲をやるとも何も無しに、いきなり聴き慣れない曲が。
SHOWCASE 2009ツアーでも演奏された、タイトル不明の未発表新曲。
サビ最後部分で♪My Lonely Townというフレーズが繰り返し出てくるので、これがタイトルではないかともっぱらの噂。
曲調は「ながい愛」や「SKIN」のような重厚さを持ちながらテンポアップしたロックバラードといった感じ。
レコーディング中の次回のアルバムに収録されるんでしょうか。
新曲がいち早く聴けたのは嬉しいけど、個人的にはこういうアウェイな場でやるのは曲を分かる人のほうが圧倒的に少ないわけだから、ちょっと相応しくないかなと思ったり。
08.Calling
「稲:みんなの声聞かせてくれー!」
ということで、曲前にサビ部分の♪WOW WOW WOW をみんなで合唱。
1度目は声が小さいということで、2度目に観客の声量が上がったら「稲:それそれー!」って満面の笑顔で言ってたのが可笑しかった。
あと、この曲だったか忘れたけど、アリーナ!スタンド!って掛け合いもあった記憶が。
アウトロ部分では、重厚なリフと共に稲葉さん絶叫シャウト。かっこいいわ~。
尺がちょっと短めだったのが残念。
09.juice
ここから一気にハイテンション曲のオンパレード。
もう会場の雰囲気は、普段のLIVE-GYMと何ら変わらない一体感に。ものすごい熱狂ぶり。
間奏部分のギターソロで、松本さんの隣りでお立ち台に乗った稲葉さんが、指揮者のように両手を振る。
そして、恒例のコール&レスポンス。
稲:Yeah,Yeah! 客:Yeah,Yeah!! と2回ほど繰り返し、
その後は『学園天国』の♪ヘーイヘイヘイ、ヘーイヘーイ!のフレーズで掛け合い、
2回目に稲葉さんが松本さんにマイクを向けて、松本さんがそのフレーズを歌った!! 今日のライブで初めて喋った!w
稲:Hey! 客:Hey! 稲:Yeahhhhhhh!!!!!!と絶叫した後に、再び「juice」に。
10.さまよえる蒼い弾丸
イントロ~Aメロ部分で、恒例の稲葉さん水吹き、
♪飛びだしゃいい~で大ジャンプ、♪さよならしよう~では腕を大きく横降り。
11.BANZAI
あー、この曲もサマソニでやっちゃうのかw
三三七拍子でバンザ━━\(゚∀゚)/━━イ
意外とみんな綺麗に揃ってBANZAIしてました。
♪過去も未来もいっしょぉぉぉぅぅぉぉぉーーー!!!!で大シャウト。
12.SUPER LOVE SONG
立て続けにこの曲へ。
最初のAメロはちょっと演奏とちっていた感じ(ギターがずれていたような、歌詞も一部飛んでたような)。
Aメロではもちろんみんなで♪SUPER LOVE SONG!と叫ぶ。
アウトロ部分は、
稲:SUPER LOVE SONG!
客:SUPER LOVE SONG!
稲:SUPER LOVE SONG!
客:SUPER LOVE SONG!
稲:SUPER LOVE SONG!
客:SUPER LOVE SONG!
と去年のACTIONツアーでやったアレンジで終了。
13.ultra soul
イントロ部分で稲葉さん早口でMC。
稲:サマーソニック10周年という機会にこういう場所に立てるのを有難く思います。
今日はホントにどうもありがとー!! 的なことを。
サビ部分は、B’zファンであろうとLINKINファンであろうと誰構わず一緒に♪ウルトラソウル!(Hi!)でジャンプ。
タイミングよくペットボトルの水が上空に舞っているのも見ていて気持ち良い。
稲:♪Do it! Do it! Do It!!
松:(■∋■)♪ヴェイ!! も健在。
最後はウルトラソウル3連発で締め。
松本さん稲葉さん、ステージ中央で肩を組んで深々とお辞儀。
稲:今日はみんな最高でした、どうもありがとー!!!
「せーの、お疲れー!」も、ステージサイドの花道に挨拶周りすることもなく、「また会いましょうバイバイ!」もないまま、そのまま退場、19時20分ごろ終了。
サポートメンバーは結局紹介されることもなく、MCもほとんど無い、演奏だけに集中した内容でした。
セットリストは、SHOWCASE 2009ツアーの中盤で演奏されたレア曲がごっそりと抜けて、定番曲中心の内容に。
この選曲に不満がないわけではないけど、十分楽しめたし燃え尽きることが出来たのでw良かったです。
個人的には、「DIVE」「衝動」「Calling」「SUPER LOVE SONG」が聴けたのが嬉しかったです。
サマソニという場を忘れさせるほど、いつものLIVE-GYMと何ら変わらないB’zのライブでした。
一部の人たちは棒立ちしている人もいたけど、大半の人は思いっきり腕を振り上げたり一緒に乗っていたりと、アウェイな雰囲気はほとんど感じませんでした。
稲葉さんの声も絶好調だし、何より今回自分が観たパフォーマンスの中で各楽器の音がいちばんハッキリ聴こえたのがB’zだったような気がします。
それほど演奏力は安定しているってことなんでしょうか。
本音を言えばやっぱり単独ライブをやって欲しいけども、たまにはこういう夏フェスという場所も(演者も参加者も)いつもと違った雰囲気を楽しめて良いのではないかなと思いました。

Linkin Park

【SET LIST】
01. Session
02. Given Up
03. From The Inside
04. Somewhere I Belong
05. No More Sorrow
06. Lying From You
07. Points Of Authority
08. What I’ve Done
09. Leave Out All The Rest
10. Numb
11. Breaking The Habit
12. Shadow Of The Day
13. Hands Held High (Verse 1 A Cappella)
14. Crawling
15. In The End
16. Bleed It Out
——————————
17. Crawl Back In (Dead By Sunrise)
18. Fire (Dead By Sunrise)
19. My Suffering (Dead By Sunrise)
——————————
20. New Divide
21. Faint
22. One Step Closer

開始時刻の19時50分を10分ほど押して、20時ごろ開始。
辺りはすっかり暗くなって、時折吹く海風がとても心地良い。
B’zは自分自身が暴れていたので海風を感じる余裕もなく暑かったけどw、リンキンの時間帯が気温的にいちばん気持ちよかった。
ステージ上にスモークが炊かれて、背面にはLINKIN PARKのロゴが下から徐々に姿を現し、そしてメンバーが登場。
やっぱりヘッドライナーだけ会場の盛り上がりが最初から半端ない。
自分のすぐ前の人は、LINKINのシンボルマークの△を両手で作って頭上にかざしていた。
オープニングでいきなりマイクトラブルらしく、演奏が始まっているのにボーカルのチェスター氏の声が聴こえないというアクシデントも。(この後、アンコール明けにも2回ほどありました。)
驚かされたのが、チェスター氏の声量。
血管が切れてしまうのではないかと心配してしまうほどの高音シャウトも何度も連発していた。
そして、主にラップ担当のマイク氏の多才っぷり(ギターもキーボードも演奏)にも驚いた。
アンコール1回目には、チェスター氏のソロプロジェクトであるDead By Sunriseが登場。
ちなみに、#18「Fire」はB’zの新曲「PRAY」主題歌として使われている映画『TAJOMARU』の挿入歌(こちら)。
演奏曲は、メジャー曲を惜しげもなく披露。
曲タイトルは分からないけど聴いたことがある!という曲ばかりでした。
B’zとは違う楽しさのライブでした。リンキンパーク、惚れ直しました。
21時30分ごろ、終了。
ライブ後には打ち上げ花火が! 綺麗だった~。
P1000116.JPG P1000117.JPG
スタジアム外でB’zお友達と合流して、カレーを食べながらしばし歓談。
余裕があればミッドナイトステージも観てみたかったけども、体力的に限界っぽかったのでやむなく断然。
惜しむらくは、幕張メッセのほうに結局一度も足を踏み入れることがなかったのが唯一の心残り。
DSC00072.JPG
個人的に本格的な夏フェス参加は、おそらく2004年の(伝説の「俺のロックと違う!」でおなじみ?の)THE ROCK ODYSSEY以来だと思うけど、また全然違った雰囲気で今回のほうが内容豊富で大いに楽しめました。
来年以降のサマーソニックも、B’zが参加することがなくても行ってみようかな?なんて思ったり。
何より今年もB’zのライブに参加できたことが出来て良かった!
2009年の夏の最高の思い出になりました。お疲れ様でした!!

The following two tabs change content below.
bassy

bassy

B'zファン歴20年ちょっと。初めて行ったB'zのライブは98年のSURVIVEツアー。細かいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする

Facebookページで
このブログの最新情報を
チェック!

コメント

  1. しぐ より:

    お疲れ様でした!!
    俺も参加してきましたが、アリーナのモロ前のほう
    (MCさんのブログ写真に写ってました)にいたので、
    ダイブ&モッシュに巻き込まれて死にそうでした・・・。
    ライブ自体はあまり観てる暇がなく、ただ稲葉さんと松本さんが
    めっちゃ近かった印象しかありません。演奏を楽しめずもみくちゃ
    だったので、次回はもっと後ろで観たいと思いました(笑)
    ご挨拶したかったですが残念ですねぇ。また次の機会に!!

  2. ハル より:

    レポお疲れ様です。
    セトリはいかにもフェス向け!って感じでしたね♪
    私は大阪参戦でしたが、今年もB’zのライブが見れてよかったです。
    13曲もあって、フェスとしては満腹感ありでした。
    ところで、フルで観たのはHOOBASTANKとB’zのみでしたが、
    HOOBASTANKかなり気に入りました。
    洋楽は殆ど聞かない中で珍しく大ヒットです。
    早速ベストを購入してしまいました。