シェーン・ガラス在籍のCOSMOSQUAD 10年ぶり来日公演決定

B’zのサポートドラマー“シェーン・ガラス”が在籍するバンド“コズモスクアッド”、
最新作「The Morbid Tango」を引っさげ、10年ぶりの来日公演が決定!

COSMOSQUAD
The Morbid Tango

2017/8/18(金)
open 18:30 / start 19:00
Shangri-La(大阪・梅田)
http://www.shan-gri-la.jp/

2017/8/20(日)
open 17:30 / start 18:00
CLUB UPSET(名古屋)
http://www.club-upset.com/

2017/8/21(月)
open 18:30 / start 19:00
代官山UNIT(東京)
http://www.unit-tokyo.com/

オールスタンディング¥4,000 (税込・入場時別途ドリンク代)
※未就学児童入場不可

チケットぴあ先行最速
受付期間:
6/1(木)12:00〜6/8(木)23:59
受付URL: http://w.pia.jp/t/cosmosquad/

プレイガイド一般発売日
7/8(土)10:00〜
e+、ローソンチケット、チケットぴあにて

左から
Shane Gaalaas – drums
Jeff Kollman – guitars
Kevin Chown – bass

COSMOSQUADの10年ぶり来日公演です!!
今回は新アルバム『The Morbid Tango』の公演となります。

Morbid Tango
Cosmosquad
Release : 2017/01/14
iTunes

前回は2008年。
LIVE DVD発売後に開催されました。

ライブ動画などは、Jeff KollmanのYoutubeチャンネル、
ドラム動画であればShaneのチャンネルにあります。

YouTube

参照

COSMOSQUAD 「The Morbid Tango」1/14発売(シェーン・ガラス情報)

経歴

COSMOSQUADは1977年に結成。アリゾナ州のリハーサルスタジオで3人のミュージシャンが出会った事から始まった。

ギターのジェフ・コールマンは既にソロアルバムをリリースし、新たな活躍の場を求め西部に移ってきたばかりだった。カナダ出身ドラマーのシェーン・ガラスとベースのバリー・スパークスは、イングヴェイ・マルムスティーンのバンドとして知り合った後、マイケル・シェンカーのバンドとして共に活動しており、それだけに留まらず自分達のサウンドを作りたいと願っていた。意気投合した3人はすぐにアルバム制作を始め、ファーストアルバム「COSMOSQUAD」がロサンゼルスでレコーディングされた。デビューアルバムはヘビーロックやメタル、そしてファンクやラテンなど様々な要素と70年代のクラッシックなフュージョンが、まるで万華鏡の様に織り交ぜられた大胆な一枚だった。

「COSMOSQUAD」

2002年には、よりヘビーでダークなセカンド・アルバム「Squadrophenia」をリリース。その頃には既にLAで有名なクラブThe Baked Potatoで人気を博し、2001年にはライブアルバム「Live At The Baked Potato」も発表していた。2003年には日本限定盤として「Best of Cosmosquad」をリリース、同年には初となる日本公演も行った。

「Best of Cosmosquad」


「Squadrophenia」
「Live At The Baked Potato」

バリーの脱退を受け、シェーンとジェフは様々なゲスト・ベースプレイヤーを迎え、3枚目となる「Acid Test」を作成。後に、アルバムに参加したクリス・マローニが新たにベースとして加わる事になる。2008年には、このライブ映えする楽曲を多数含むアルバムをもって3月に大阪、東京で日本公演。2007年にハリウッドの音楽学校であるミュージシャンズ・インスティチュート(MI)で行われたライブ映像が初の映像作品「Light…Camera…SQUAD!」としてリリースが決定すると、再び9月に東京、名古屋、仙台での日本ツアーを行った。

「Acid Test」


「Light…Camera…SQUAD!」

クリス・マローニが東海岸に移住してベースが居なくなったCOSMOSQUADは、名だたるベーシスト達とのコラボレーションを再び続ける事となる。最終的に、ジェフの別プロジェクトである、チャド・スミス率いるBombastic Meatbatsのバンドメイトでもあるケビン・チャウンが正式メンバーとして迎え入れられた。実はケビンはファーストアルバムのデモでベースを弾いており、20年のサイクルを経て導かれたベーシストと言って良いだろう。ケビンが加入した事でバンドは再び制作活動に入り、昨年6ヶ月をかけて作成されたのが最新作「The Morbid Tango」だ。ジャム、曲作り、アレンジ、ミックス、どれを取っても過去最高の出来とも言える今作は、スティーブ・ルカサーやLA Timesの元評論家グレッグ・バークも絶賛している。

ケビンが語る。”言葉の存在なしで何かを伝える、という長い歴史がインストゥルメンタル音楽にはある。その全てにインスパイアされ、3人がそれぞれ今までの何よりも力を注いで作ったのが今回の「The Morbid Tango」。目の前にあるチャレンジ、そこから生まれたインスピレーション。最初は自分へのチャレンジ。そしてリスナーにも何らかしらの形で繋がっていく。天国、地獄、冒険、人生、友情、感謝・・・様々な出来事の中で、音楽はいつもその根底にあり、僕らがここに居る理由を教えてくれるんだ” 

シェアする

フォローする

Facebookページで
このブログの最新情報を
チェック!