「Pleasure II」特典映像詳細&新聞報道

公式サイト 10/28,11/1更新

『B’z The Best “Pleasure II”』に、1枚封入されているB’z/iTunes Custom Card(パスワード付)で、対象となる楽曲の映像がダウンロードできます。
カードは全部で 4色4種類。商品に封入されているB’z/iTunes Custom Cardで、ライブ映像が選択できます。


★ 『 HOME 』
B’z LIVE-GYM ’99 “Brotherhood”-EXTRA-
1999.9.25 京都会館第一ホール
<カードの色:グリーン>
グリーン
★ 『 今夜月の見える丘に 』
B’z LIVE-GYM Pleasure 2000 “juice”
2000.8.13 千葉マリンスタジアム
<カードの色:イエロー>
イエロー
★ 『 ultra soul 』
B’z LIVE-GYM 2003 “BIG MACHINE”
2003.12.27 東京ドーム
<カードの色:ピンク>
ピンク
★ 『 OCEAN 』
B’z LIVE-GYM 2005 “CIRCLE OF ROCK”
2005.9.19 大阪ドーム
<カードの色:ブルー>
ブルー
11/2 追記
B’zの最新アルバムにiTMSでライブ映像をダウンロードできるカードが封入
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/11678.html

iTunes Custom Cardsは、カード裏面に記載された専用コードを入力することで指定された楽曲やアルバムなどをダウンロードできるもの。
今回、B’zのベストアルバムには「B’z/iTunes Custom Cards」は全4種類のうち、いずれか1枚が製品に封入される。

アップル – iTunes – iTunesのパートナーになりませんか? – iTunes Custom Cards
http://www.apple.com/jp/itunes/marketing/customcards/

iTunes Custom Cardsは、コンサート、景品、ラジオ局へのノベルティーに最適な、最も新しい販促ツールです。
販促用CDよりも低コストなミュージックカードは、レコード会社、アーティストのマネージャ、プロモーターにとって、CDに代わる最高の販促ツールです。
カードの表面にはオリジナルのデザインが施され、裏面にはiTunesで指定された曲やアルバムをダウンロードするための専用コードが印刷されています。

iTunes Custom Cardsを作成するには
iTunes Custom Cardsを使ってプロモーションする曲やアルバムが決まったら、あとはiTunesにおまかせください。
デザイン、印刷から出荷まで、一手に引き受け、お客様にお届けします。

【新聞記事】

  • Yahoo!ミュージック – 音楽トピックス – B’z
  • サンスポ

  • 日刊スポーツ
  • 中日スポーツ
  • スポニチ
  • 報知

  • デイリースポーツ
  • デイリースポーツの記事より

    B’zが世界中で大反響を呼んでいるiTunesとのコラボレーションで、世界で初めて音楽ビデオの無料ダウンロードを実現させる。
    B’zのコンサートを見た米アップル社のスタッフにその実力を認められ、全面協力となった。
    CDなど音楽ソフトの流通地図を塗り替える“革命”を世界中で起こしている米アップル社の音楽配信サイト「iTunes Music Store」(※以下iTMSと略)が“世界初”の試みのパートナーにB’zを選んだ。欧米、アジアを通じて史上初の無料配信の実現の背景には、米ア社とB’zの2年がかりのつながりが―。
    きっかけは米ツアー中の2003年、サンフランシスコ公演にア社の幹部らスタッフが訪れ「世界でもこんなに興奮するライブを見たことがない」と高い評価を下したこと。その後、ギターの松本孝弘のTAK MATSUMOTO名義のソロプロジェクト作品が、アメリカ版iTMSで配信されるなど、実績を積んできた。
    この世界初のコラボをB’zの2人は「だれもやったことがない新しいことなのでトライしてみたい」と楽しみにしているという。省資源化にも、新たなライフスタイルの提案にも一役買う試みといえそうだ。

    参考:
    B’zaholic:taknakの日々是好日

    The following two tabs change content below.
    bassy

    bassy

    B'zファン歴20年ちょっと。初めて行ったB'zのライブは98年のSURVIVEツアー。細かいプロフィールはこちら

    シェアする

    フォローする

    Facebookページで
    このブログの最新情報を
    チェック!