松本孝弘、“グラミー効果”で8ヶ月ぶりTOP20返り咲き

松本孝弘、“グラミー効果”で8ヶ月ぶりTOP20返り咲き ニュース-ORICON STYLE-

 今月14日(現地時間13日)に発表された米音楽業界最大の祭典『第53回グラミー賞』受賞者の作品が、2/28付週間アルバムランキング(集計期間:2/14~20)で軒並みランクアップした。
 なかでも、「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞」を受賞したB’zの松本孝弘とラリー・カールトン(Larry Carlton & Tak Matsumoto名義)の共作アルバム『TAKE YOUR PICK』(昨年6月発売)は、前週300位圏外→18位に急上昇
 昨年6/14付(2位)以来8ヶ月ぶりにTOP20に返り咲いた。

松本孝弘:グラミー賞受賞アルバムが圏外から返り咲き – 毎日jp(毎日新聞)

 22日発表されたオリコン週間アルバムランキング(28日付)によると、米国最高の音楽賞「第53回グラミー賞」で最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞を13日(米国時間)に受賞したロックバンド「B’z」の松本孝弘さんと米ギタリストのラリー・カールトンさんによる共作アルバム「TAKE YOUR PICK」(昨年6月発売、VERMILLIONRECORDS)が、300位圏外から18位に急上昇。昨年6月14日付の2位以来、8カ月ぶりにトップ20位内に返り咲いた。

グラミー賞発表の翌日にもお伝えしましたが、オリコンの順位が発表されたので改めてご紹介。
300位圏外から18位に急上昇ってものすごいことですよね。
沢山の方が良い作品を耳にしてくれたことに嬉しく思います。

The following two tabs change content below.
bassy

bassy

B'zファン歴20年ちょっと。初めて行ったB'zのライブは98年のSURVIVEツアー。細かいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする

NO IMAGE
Facebookページで
このブログの最新情報を
チェック!