Larry Carlton & Tak Matsumoto「TAKE YOUR PICK」がグラミー賞受賞!!

B’z松本がグラミー初受賞「誇りに思う」 稲葉浩志「You are my hero」 ニュース-ORICON STYLE-(写真付き)
 

 米音楽業界最大の祭典『第53回グラミー賞』授賞式が米ロサンゼルスで14日(現地時間13日)に行われ、B’zの松本孝弘と米ギタリスト、ラリー・カールトンの共作『テイク・ユア・ピック』が「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」賞を獲得した
 黒のタキシード姿で登壇した松本は「日本から来たプレイヤーです。日本人のギタリストとしてここに来られたことを誇りに思っています」と感激の面持ちであいさつ。過去、1987年にグラフィック・デザイナーの石岡瑛子(最優秀アルバム・パッケージ賞)、1989年に音楽家・坂本龍一(最優秀映画/音楽アルバム賞)、2001年にシンセサイザー奏者・喜多郎(最優秀ニューエイジ・アルバム賞)、2008年に太鼓奏者・中村浩二(最優秀ニューエイジ・アルバム賞)が受賞した栄冠に、新たに名を連ねた。
 松本は授賞式で「何が起こったかわからなかった。『テイク・ユア・ピック』と聞こえたと思ったら、立ち上がってラリーと抱き合っていました。壇上では呆然としてました。受賞スピーチを事前に考えたりするが嫌で、何も考えていなかったので」。共作は今から4年前にラリーから「一緒にやろう」と声をかけたといい、松本は「ラリーさんと一緒に何が出来るか考えて、頭の中で悶々としていた」と話した。
 作業自体は、ラリーが「最初の3曲のプリプロダクションですぐうまくいくと思った」と言えば、松本も「やりはじめたらイージー、とても簡単でした」。今回の受賞を、相棒・稲葉浩志には「まだ、伝えていない。取材などを受けていてそんな時間もなかったので。ノミネートされた時は、スタジオで一緒にいたんですが、『You are my hero.』と言っていました」と振り返った。
 同作は、世界屈指のギタリスト、カールトンがギターメーカーのギブソン社を通じて松本にオファーしたことから共作が実現したギター・インストアルバム。昨年6月に発売されると、インスト作品としては異例のオリコン週間アルバムランキング2位に初登場。発売直後から全国ツアーも敢行し、日米を代表するギタリストの共演は好評を博した。
 B’zは結成20周年を迎えた2007年、ロック界に貢献したアーティストを讃える米国のHollywood’s RockWalk(ハリウッド・ロック・ウォーク)に日本人アーティストとして初の殿堂入りを果たしたが、その偉業に続く快挙となった。

緊張の松本孝弘「日本人ギタリストとしてこの場に立てて光栄」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能(写真付き)

 「日本人ギタリストとしてこの場に立てて光栄です」。米国の第53回グラミー賞で最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞に輝いた、ロックバンド「B’z」の松本孝弘(49)は13日(日本時間14日)、授賞式ステージで喜びを語った。
 松本は受賞アルバムを共作した米ギタリストのラリー・カールトンと並んで登場。時折深く息を吐くなど緊張した表情だった。カールトンは受賞スピーチをする間も松本の肩を抱き、「タクさん」とニックネームで呼ぶなど打ち解け合った様子だった。
 松本は会場に向かって「ハーイ」と呼び掛け、英語で日本から来たギタリストだと自己紹介。最後は日本語で「どうもありがとうございました」と締め、ステージを後にした。

松本孝弘の秘めた思い「絶対に人には言わなかったけど」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 グラミー賞で最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞に輝いた、ロックバンド「B’z」の松本孝弘(49)は13日(日本時間14日)、受賞について「これまで絶対に人には言わなかったけど、グラミー賞は僕のひとつの夢、大きな目標でした」と秘めた思いを吐露した。
 さらに「ラリー・カールトンとはお互い自由にプレーして、とても波長が合い、ギターのハーモニーの気持ちよさを再認識した」と“相棒”をほめたたえた。
 コンビを組む「B’z」ボーカルの稲葉浩志には「まだ受賞したことを連絡していないけど、喜んでくれると思う」と笑みを浮かべた

松本孝弘 : 松本孝弘、「明日からまた新たな音楽創りに精進していきたい」 / BARKS ニュース(写真付き)

受賞コメント
「グラミーは僕自身の長年の目標であり、憧れ続けてきた夢でした。それが今、正に現実のものとなりました。ラリーさんは勿論、このアルバムをサポートしてくれた全てのスタッフ、そしてリスナーの皆さんに心から感謝致します。これに甘んじる事なく、明日からまた新たな音楽創りに精進していきたいと思います。応援して下さった日本の皆さん本当にありがとうございました。」──松本孝弘

松本さん、ラリーさん、グラミー賞受賞おめでとうございます!!
Yahooニュースで第一報を知った時は、思わず全身に鳥肌が立ちました。
いちファンとして心から嬉しく思うし、誇りに思います。
ハリウッド・ロック・ウォークの殿堂入りに続いての受賞。ものすごく名誉なことですよね。
あまりに賞の名前が大きくて、それをB’zの松本さんが受賞しちゃったという事実にちょっと信じられない思いです。
松本さん自身も言っていたけど、この受賞に奢ることなく(松本さんのことだから絶対そんなことはないと思うけど)、より一層音楽活動に邁進して、良い作品をまた届けて欲しいですね。

TAKE YOUR PICK
TAKE YOUR PICK

posted with amazlet at 11.02.14
Larry Carlton & Tak Matsumoto 松本孝弘 Tak Matsumoto Larry Carlton
バーミリオンレコード (2010-06-02)

※以下、関連記事まとめ。



▼動画付き

▼写真付き

▼その他

▼著名人からのコメント

また、本日2/14の新聞夕刊にも大きく掲載。(下記は、読売新聞の夕刊)

2011-02-14%2019.20.30.jpg

明日2/15の新聞や、テレビの情報番組でも大きく取り上げられそうですね!
自分が応援しているアーティストが良いニュースで大きく報道されて、こうやってみんなで喜びを共有して分かち合えるというのは、とても嬉しくて誇らしいことだなぁって思いました。
グラミー賞、ホントにおめでとうございました! そして、ありがとう ラリーさん松本さん!!

The following two tabs change content below.

シェアする

フォローする

Facebookページで
このブログの最新情報を
チェック!

コメント

  1. ハル より:

    本当におめでとうございます!ですね。
    会社に行ってから、そういやそろそろ発表終わってるはず・・・と
    ヤフー見て、感激して、周囲の席の人たちにバンザイしながら
    報告してました、ワタクシ・・・。
    で、きっとbassyさんが、関連記事はまとめてアップしてくれるから
    それを待ってよー♪と思ってた次第です。
    しかし、あまりの寒さに帰宅途中コンビにも寄ったのに
    夕刊をチェックしてくるの忘れました。

  2. ハル より:

    続けてコメントですいません。
    関連記事アップお疲れさまでした。
    記事の数の多さに受賞の凄さ度がうかがえますね。

  3. ゆき より:

    松本さんおめでとうございます!!??
    このニュースを見てからずっと幸せです(*^□^*)
    学校でもニュースを見た子がたくさん「すごい!」って言ってくれて、
    自分は何もすごくないのに、自分まで誉められている気分です 笑
    これからもB’zを、音楽界を引っ張って行ってほしいです☆!